会議所インフォメーション

新型コロナ克服に向け中小・小規模事業者への支援拡充を仙台市に要望

 当所では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い逼迫する地元中小・小規模事業者の現状を打開するため、仙台市に対し、支援の拡充や連携体制の強化等を要望しました。

要望書全文はこちらからご覧ください。(PDF)

 商工会議所に寄せられる相談の多くが足下の資金繰りに関するものであることから、本要望では第1に4月25日から5月6日までの休業要請に従った事業者に対して宮城県と仙台市から支給される協力金の速やかな給付を要請。また、あらゆる業種への影響の広がりにも触れ、本協力金の給付対象とはならない事業者への支援も求める内容としています。
 鎌田会頭からは、「地域経済を立て直していくためにも、まずは最前線に立つ医療関係者への支援も重要だ」と、感染症克服のための幅広い観点による対応を提案。郡和子仙台市長は「地域企業のためにも、数ある支援制度の情報がしっかりと行きわたるようにしていかなければならない」と商工会議所へのさらなる協力を求めるなど、地域全体で危機的状況を乗り越えていくため、行政と経済界が一体となって取り組むことを確認しました。

郡市長(写真左)に要望書をわたす鎌田会頭。
IMG_9094.JPG