会議所インフォメーション

宮城県における新型コロナウイルス感染症対策(リバウンド対策の強化)について

 宮城県では、新型コロナウイルス感染症の「まん延防止等重点措置」が解除された後も、引き続き独自の緊急事態宣言を継続し、5月12日から5月31日までを「リバウンド防止徹底期間」に設定して、取り組み進めていくこととしています。

 これに伴い、宮城県から、事業者の皆様に対して改めて下記の通り下記について協力の要請がありましたので、ご協力をお願いいたします。

■リバウンド防止徹底期間 2021年5月12日(水)~5月31日(月)

■飲食店等に対する要請等
(1)接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店等に対する、午前5時から午後8時までの営業時間短縮(宅配・テイクアウトを除く)
(2)酒類提供は午前11時から午後7時まで
(3)利用者へのマスク会食の実施の周知、正当な理由なく応じない利用者の入場禁止
(4)アクリル板の設置等
(5)従業員への検査勧奨、入場者の整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒設備の設置、事業所の消毒、施設の換気等
(6)カラオケ設備の利用自粛
(7)CO2センサーの設置
(8)業種別ガイドラインの遵守

■その他の施設に対する要請等
(1)入場者の整理誘導、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒等の励行、施設の換気等の感染防止対策
(2)国の接触確認アプリ(COCOA)、みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)の導入・名簿作成などの追跡対策の徹底
(3)業種別ガイドラインの遵守

■全ての事業者に対する要請等
(1)従業員等に対し、時短要請した時間以降、飲食店等にみだりに出入りをしないよう求めること
(2)職場でのクラスター発生を踏まえ、休憩時間や社員寮等の集団生活の場も含めた感染防止対策を徹底すること
(3)従業員等に対し、飲食を伴う懇親会等を控えるよう求めること
(4)「出勤者数の7割削減」を目指すことも含め、テレワークを更に徹底すること。出勤が必要となる職場でも、ローテーション勤務、時差出勤、自転車通勤などの取り組みを推進すること。

 

その他、宮城県による感染症対策の取り組み等はこちらをご覧ください(宮城県のページに移動します)