会議所インフォメーション

コロナ禍における従業員の雇用維持に「在籍型出向」をご活用ください

「出向」とは、労働者が出向元企業と何らかの関係を保ちながら、出向先企業と新たな雇用契約関係を結び、一定期間継続して勤務すること。このうち「在籍型出向」は、出向元企業と出向先企業との間の出向契約によって、労働者が出向元企業と出向先企業の両方と雇用契約を結ぶものをいいます。

在籍型出向を支援する制度として「産業雇用安定助成金」が設けられています。これは、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、出向により労働者の雇用維持を図る場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部を助成するものです。

在籍型出向をご検討の事業所には、産業雇用安定センターが無料のマッチング支援を行っています。仙台市中小企業応援窓口でも、在籍型出向に必要な支援をしていますので、ぜひご活用ください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。(厚生労働省のページに移動します)

 

産業雇用安定センターへのお問い合わせ等については下記のチラシもご覧ください。
(左:送出元企業向け、右:受入先企業向け)

koyoushare20210520_moto.png  koyoushare20210520_uke.png