他機関による支援情報

【仙台国税局】新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方に対する猶予制度のご案内

 新型コロナウイルス感染症の影響により国税の納付が困難な方は、下記の要件に該当する場合に、納税の猶予の適用が受けられる場合があります。
※納税の猶予が認められた場合、延滞税の全部または一部が免除されます。

■影響の具合(一例)
 1)備品・棚卸資産の損傷・廃棄により損害を受けた
 2)本人や生計を一にするご家族の感染症治療に費用を要した
 3)事業を休止し、又は廃業した
 4)予約キャンセルにより売上が著しく減少した など

■要件
 1)国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがあると認められること
 2)納税について誠実な意思を有すると認められること
 3)猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと
 4)納付すべき国税の納期限から6か月以内に申請書が提出されていること

■猶予措置
 
1)原則、1年間猶予が認められる(状況に応じて、さらに1年間猶予される場合も有り)
 2)猶予期間中の延滞税が軽減
 3)
財産の差押えや換価(売却)が猶予

受けられる納税緩和制度や手続は個別のご事情により異なりますので、まずは所轄の税務署(徴収担当)にお電話でご相談ください。

制度の詳細は、下記の国税庁ホームページでご確認ください。
 国税庁ホームページ:https://www.nta.go.jp/taxes/nozei/nofu_konnan.htm
 ※チラシはこちらからご確認ください(PDFファイルが開きます)。