会議所インフォメーション

RESASを活用した仙台市の地域経済分析結果(日本商工会議所作成)

resas_sendai.jpg

当所では、日本商工会議所に委託し、経済産業省と内閣官房が提供する、官民ビッグデータを集約し、可視化するシステム「RESAS」を活用し、仙台市の地域経済の特徴と強み・弱みを「見える化」した分析結果を取りまとめました。本分析結果の詳細は、下記よりご確認ください。

分析結果の詳細はこちら(PDF)


<分析結果の概要>
 【生 産】
  ・東北地方の政治的・経済的な中心都市として、卸売業、専門・科学技術・業務支援サービス業、小売業、
   宿泊・飲食サービス、公務、印刷業等に強みがある。石油・石炭製品やガス・熱供給などエネルギー産業都
   市としても強みである。建設業も地域外への売上が大きく、強みとなっている。
  ・地域の産業を支える鉱業や食料品は、移輸入産業となっている。
  ・中枢的な都市機能や商業機能を担う産業が立地しており、域際収支は黒字となっている。

 【分 配】
  ・高い拠点性を背景に、域外からの通勤があるため、雇用者所得は流出している。
  ・財政移転や企業収益の結果、その他所得は流入している。トータルの所得収支は流出となっている。

 【支 出】
  ・東北地方の中心都市としての位置づけから地域外からの消費を惹きつける民間消費、企業の設備投資である
   民間投資、域際収支の調整項目を含むその他支出の全てがプラスであり、支出の段階では地域外からの流入
   がある。
  ・今後は人口減少が予想され、地域内の支出もそれに従った縮小が予想される。

 【総 評】
  ①東北地方の政治・経済の拠点都市であり、エネルギー産業都市という性格から、地域外から所得を得る構造
   であり、域際収支は黒字になっている。
  ②拠点都市としての機能を支える産業をさらに強化していくほか、地元住民や、交流人口の消費を一層喚起す
   る商品・サービスの開発に、取り組む必要がある。